実は誤解している人も多い

使用済みの錠剤

ノミダニ予防は必要です

大切な家族の一員であり、無邪気で愛くるしい仕草や表情で癒してくれる存在であるペット。
日本では多くの人がペットと共に暮らしており、特に大勢の人たちが飼っているのが犬や猫といったペットたちです。
ペットの中でも代表的といえる犬や猫は昔から人気のあるペットで、ペットショップでも必ずといっていいほど、その姿を見ることができます。
今も昔も変わらぬ人気を集めている犬や猫ですが、彼らをペットとして飼う以上、必須になってくるものといえば何を思い浮かべますか?

おそらく多くの人が怪我や病気の予防を思い浮かべたと思いますが、忘れてはならないのがノミやマダニの予防です。
草むらなどに潜んでいるノミやマダニはペットの健康に大きな害を与える厄介な外部寄生虫で、動物病院でも予防が呼びかけられています。
犬や猫を飼っている飼い主の間ではもはや常識といえるノミやマダニの予防ですが、実はノミダニ予防について誤解している飼い主さんもたくさんいることをご存知でしたか?
特に最近ではそういった飼い主さんたちが増えてきており、ペットのノミやマダニの予防は必要ないと考えている人も現れるようになってきているんです。
ペットのノミやマダニは必須といえるので、フロントラインプラスなどのノミダニ駆除薬を使って確実に予防しなければなりません。

たとえ室内飼育でも

何故ノミやマダニの予防が必要ないと考えられるようになってきているのか、その理由はペットの室内飼育にあります。
現在の日本ではペットを長生きさせるために、犬でも猫でも室内飼育が主流になってきており、多くの人が室内でペットと共に生活しています。
室内なら気温の管理もしっかり行き届いていますし、外遊びをしている最中に事故に遭って帰ってこれなくなってしまう可能性もうんと低くなりますよね。
そのため、外部寄生虫の危険性からも完全に守られるように思えてしまいますが、たとえ室内飼育であってもノミやマダニの予防は必要です。

実は外よりも室内のほうがノミやマダニといった外部寄生虫が生活しやすい環境が整っています。
特に冬は外よりも室内のほうが暖かいため、飼い主さんたちが気付いていない家の隙間や窓の隙間からノミたちが侵入してくる可能性が非常に高まります。
それ以外にも、外に出かけた飼い主さんの衣服に飛び移ることで室内に侵入してくるケースもあり、室内だからとフロントラインプラスを使わずにいたら、室内飼育なのにノミやマダニに寄生される危険があるのです。

危険性を軽視しない

ノミやマダニの危険性はとても大きなもので、決して軽視していいものではありません。
飼い主さんが油断をしてノミダニ予防に力を入れなかったり、ノミやマダニの危険性を軽視して適当なノミダニ予防で済ませてしまうと、ペットはノミやマダニの危険性にさらされることになります。
その結果、ノミやマダニに寄生されて貧血になってしまったり、バベシア症などの危険な病気にかかってしまう……なんてことに繋がってしまうかもしれません。
ノミやマダニの危険からペットを守るためには、ノミダニ予防についての誤解をとき、正しい方法でノミダニ予防をしていかなくてはなりません。

インターネットにはさまざまなノミダニ予防法がありますが、正しい方法はフロントラインプラスなどのノミダニ駆除薬を使ってノミやマダニを駆除することで予防する方法です。
最近ではノミダニ駆除薬を使わないノミダニ予防も話題になっていますが、こういった方法ではノミやマダニを完全に予防することはできません。
確実にペットのノミダニ予防をするには、やはりフロントラインプラスのようなノミダニ駆除薬を使うのがもっとも確実な方法なのです。
正しい方法でフロントラインプラスを使用し、ペットのノミやマダニを予防していきましょう!